電力の自由化とは?「電力小売り全面自由化」

電力小売全面自由化の経緯

今まで家庭で使う電気は地域の電力会社から購入していましたが、2016年4月より商店や家庭では電気会社を選択できるようになりました。

そもそ電力小売り自由化が始まったのは2000年3月。

しかしこの時は特別高圧の工場やデパートのみが対象となっていました。

それから2004年、2005年にかけて自由化の地域がさらに拡大され、中小規模の工場やビルも対象と広がりました。

2016年4月からは一般家庭も全面自由化となり、新規参入の会社なども注目されています。

電力自由化はいつから?

電力小売り全面自由化は2016年1月より事前受付が開始しています。

実際に始まったのが2016年4月。

特別な手続きをしてない場合には、現在利用中の電力会社から従来通りの電気供給がされています。

新規参入の電力会社では新しい料金プランやサービスについての宣伝も行われています。

かつて特別高圧のみの電力小売自由化が開始した2000年から16年経った今、ようやく一般家庭でも電力会社を選択できるチャンスが訪れました。

電力自由化のメリットについて

電力自由化になるとどんなメリットがあるのでしょうか。

最大のメリットは利用者が好きな電力会社を選択できること。

料金を選べるため価格競争もさらに激しくなります。

ソフトバンクのような企業が参入することにより、本来の取り扱い商品とのセットでさらに割引ができるなど、利用者にとっては電力を安く使えるメリットがありますよね。

また電力会社も多様化するため、一人ひとりのニーズにも対応できるように将来期待できますね。

電力自由化 デメリットと問題点

電力自由化されることでデメリットの不安もいくつか考えられます。

まず一つ目は電力の供給について。

今までの地域の電力会社では長い実績とともに技術力も安定し、常に電力の供給が安定していました。

しかし新規事業者の参入により停電や事故などのミスが全く起こらないとは限りません。

また電力の価格競争が激しくなる半面、価格が下がらずに上がってしまう可能性も。

原油価格が高騰した場合はコストもかかるため、企業によって価格が不安定になる可能性があります。

電力自由化の参入企業について

電力自由化に伴い参入企業も次々と増えています。

まず従来の地域の電力会社をはじめ、ガス会社系列の大阪ガス、東京ガスなど。

ガソリン系では出光、伊藤忠商事、伊藤忠エネクス、北日本石油、鈴与商事などがあります。

なかでも注目されているのが通信系や放送系の企業。

ソフトバンクの介入は大変大きなニュースになりましたが、ほかにも中海テレビ放送やジェイコム、KDDIなどもあります。

地域の協同組合としては生活クラブエナジーや生活協同組合コープなどもあり、様々な事業の介入が始まっています。

電力自由化 東京電力

関東にお住まいの方に馴染みのあるのが東京電力。

電力自由化に伴い今後はどんなサービスを展開するのでしょうか。

東京電力は電力自由化にともない中部電力との提携を行います。

またコスト削減を行う計画や中部電力と共同により火力発電所の建設計画もあります。

東京電力は原発事故での損害賠償で大きなダメージを受けているなか、今回の電気自由化に伴い、さらなるサービスの充実が求められていますね。

電力自由化は個人の場合はどうって選ぶ?

電力自由化に伴い個人の家庭では電気代を安くするチャンス。

しかしどうやって企業を選んだよいか難しいですよね。

各地域ではそれぞれの会社により異なるプランが10数件以上もあり、電気料金プランを比較しないといけません。

ネットではお住まいの郵便番号を入力して格安な電力会社を選べるサイトなども増えています。

少しでも安くする為には、利用者がじっくり料金プランや内容を比較しましょう。

わずかな差額でも年間にすると大きな節約につながります。

東京電力は電力自由化にどう対抗するか

電力会社といえば東京電力。

しかし電力自由化が始まった今では電力だけでは対抗できないようです。

東京電力ではガスの併売を行うなど、顧客の幅を広げる動きに力を入れています。

また一部の情報によると関西電力と首都圏にて火力発電所の建設を計画しているという噂もあるようです。

今までは電力の販売だけでも安心だった大手企業ですが、今後はあらゆる顧客を対象にニーズに対応できる業種へとシフトしていかないといけない時代になっているようですね。

電力自由化は太陽光発電にどんな影響があるのか

家の屋根に設置したソーラーパネル。

余剰電力を販売してきた家庭にとっては今後売れないのではと不安になりますよね。

太陽光発電は契約時から10年間は買取価格が据え置きになっています。

10kw未満の場合では単価が安くなるデメリットはありますが、契約時の単価は20年間据え置きになっているためご安心ください。

太陽光発電の買取金額は実は年々下がる傾向があります。

電力自由化によりさらに心配になる方もたくさんいますよね。

低圧電力の自由化ってなに?

低圧電力の自由化とは、2016年に自由化される一般家庭や小売店の電力のこと。

低圧電力は契約電力が50kw未満で、地域別の電力会社10社だけが販売できるものでした。

現在では一般家庭、商店の数は日本全国で8000万以上あるといわれています。

この数の利用者が電力の自由化により新たな顧客となるワケですから、それぞれの電力会社や新規事業者は大変深刻になるのでしょう。

低圧電力の料金体制自体は高圧電力とは違いはなく、7.5兆円市場ともいわれています。

電力自由化 ニュース

電力自由化にともない色々なニュースが巷を賑わせています。

そのなかでも注目したいのがローソンのまちエネキャンペーン。

2016年7月10日までにキャンペーンに申し込みをすると、8月分の電気代が10人に1人の割合でなんと半額になるというキャンペーン。

夏はエアコンで電気代が高額になる月なので、このキャンペーンで半額になると主婦にとってはとても助かりますよね。

電気自由化に関する面白いニュースは随時メディアで紹介されていますので、ぜひチェックしてみましょう。

電力自由化経済産業省で行っている登録申請受付について

電力自由化経済産業省では、小売電気事業の登録申請受付を行っています。

広域的運営推進機関にまず加入手続きを行った後、経済産業大臣に登録申請書を提出します。

その受理後審査を受けて登録、通知がされます。

申請受付だけでなく電力自由化に関する素朴な疑問や質問もいつでも問い合わせができますので、インフォメーションや問合せメールを利用してみましょう。

専門的な各種のデータなどもサイトで閲覧ができます。

電力自由化関連銘柄について

電力自由化により関連銘柄の株価も色々な動きを見せています。

投資家たちにとってもチャンスが到来している為、株価の動きはとても慎重に多くの方が見守っています。

なかでも注目されているのが、日経トレンディが発表した新電力トリプルセット割り。

これは電気、ガス、ガソリン、もしくは交通、通信などを3点セットにした割引を提供する企業。

電力とは全く関係がないと思われた異業種の株こそが今とても注目されています。

電力自由化で注目の電力会社一覧

電力自由化により利用者は自由に電力会社が選べるようになりました。

そこで注目したい電力会社をチェックしてみましょう。

今までの地域の東京電力などをはじめ、携帯電話とのセット割りがあるソフトバンク、インターネット割りがあるプロバイダーのOCN、また東京ガスや北海道ガスのガスセットの割引サービスなど。

色々な特典がありますので、利用者は少しでもお得になる会社を慎重に選びましょう。

今後も新規参入する会社がどんどん増える期待がされています。

電力自由化を英語でいうと?

電力自由化を英語でいうと energy liberalisation

電力自由化の海外事例をチェック

電力の自由化は日本だけが行っているものではありません。

ヨーロッパなどの欧米をはじめ、世界ではいくつもの国がすでに実施しています。

そこで知っておきたいのが海外の事例。

アメリカで行った電力自由化では色々なメリットやデメリットもありました。

アメリカでは1990年に電力自由化を開始。

各州ごとに様々な事業者が参入しましたが、カリフォルニア州では電力自由化が開始したその年の夏。

電力会社が十分な電力を供給できない為に大規模な停電を起こす事態がありました。

さらに2003年にはシステム障害による北米の大停電。

電力自由化により利用者の選択肢が増えるのはメリットになりますが、反面このようなトラブルが起こってしまう事態が起きています。

このような過去の海外の事例を踏まえて、日本も電力自由化をスムーズに進めてほしいですね。