外国人旅行者の現状と課題

外国人旅行者の急増

日本に来る外国人旅行者が急増しています。

2015年には2000万人に迫る勢いで、2020年の東京オリンピックの頃には、ピークを迎えるのではないかと予想されます。

しかし、文化の違いや受け入れ態勢など、まだまだ課題はあります。

外国人旅行者の推移

訪日外国人旅行とは海外から日本を訪れる旅行のことです。

インバウンドツーリズムとも言います。

訪日外国人旅行者数は、2000年に476万人、2005年に673万人、2010年に861万人と年々増加しており、構成比では7割近くがアジアからとなっていましたが、2011年には東日本大震災と福島第一原子力発電所事故の影響により622万人と大きく減少しました。

しかし2012年末から始まったアベノミクスにより歴史的な超円高が解消されて円安が進むと大幅に増加し、2013年は1036万人と初の訪日外国人旅行者数の1000万人超えを達成、2014年は1341万人を記録し、前年の過去最高記録を更新しました。

2015年の訪日外国人旅行者数は、1973万7400人と発表されています。

訪日外国人旅行者数が45年ぶりに出国日本人旅行者数を上回りました。

また、2015年の訪日旅行客が使った金額は、過去最高の3兆4771億円と発表されています。

外国人旅行者への政府の取り組み

日本政府は、訪日外国人旅行者の増加を意図して1995年に「ウェルカムプラン21(訪日観光交流倍増計画)」を策定(2005年頃を目途に旅行者数700万人を目指す)しました。

1997年には外国人観光旅客の来訪地域の多様化の促進による国際観光の振興に関する法律(通称 外客誘致法)を制定しました。

2003年からはビジット・ジャパン・キャンペーン(VJC)を行っています。

また、同年には観光立国行動計画を策定しました。

2013年に「1000万人」の目標が達成されたため、次の目標は東京オリンピックが開催される2020年までに訪日外国人旅行者数2000万人をめざすこととなっています。

訪日観光客の国・地域別では台湾、韓国、中国、香港、米国などが多いですが、2013年にはタイ、マレーシアからの観光客に対してビザが免除され、2014年にはインドネシアからの観光客のうちICチップ入りパスポートを所持する人についてもビザが免除されるなど、東南アジアからの観光客誘致にも積極的な取り組みが行われるようになっています。

外国人旅行者に対する課題

訪日外国人の訪問先は一部の都道府県に集中しており、東京都、大阪府など上位10都道府県が外国人宿泊者の8割以上を占めています。

このため、インバウンドによる経済効果を地方に分散させることが課題となっています。

加えて、語学力を持った人材の不足や、大都市における宿泊施設数の不足など、受入体制の不備が指摘されています。

また、訪日外国人と日本国民との間の理解不足に起因するトラブルも発生しており、日本旅行業協会は、訪日外国人と日本国民一般の双方に対する啓発の必要性を指摘しています。

外国人旅行者が驚く日本の風習

海外旅行へ行くと、日本と海外との文化の違いに驚かされることがありますが、逆に外国から来た旅行者もまた日本と自分の国との違いを実感していることでしょう。

例えば、「公衆の面前で鼻をかむのは不作法だ」「ラーメンをあえてズルズルすするのがマナーである」「自分で飲み物を注いではいけない」などなど、「なるほど」と思えるものから、一体どこか間違って伝わっているようなものに至るまで、外国人目線での「衝撃的な日本独自の習慣・作法」が、日本を訪れる外国人旅行者のためのガイドとしてまとめられているものがあります。

次に、一つ一つ説明します。

・「4」は不吉な数字

西欧圏では「13」の数字が不吉な数字と見なされており、13階が無いホテルやビルがあります。

同様に日本では「死」を連想させる「4」は不吉な数字とされており、「49」も「pain until death(死ぬまで苦しむ)」を連想させるため避けられています。

4にまつわる贈り物は不吉なので、できるだけ避けるべきです。

なお、「4」を避ける風習は日本だけでなく中国や韓国にも存在し、「テトラフォビア(4恐怖症)」と呼ばれています。

・02:公衆の面前で鼻をかむのは不作法

人がたくさんいる公共の場で鼻をかむことは不作法なだけでなく「気持ち悪い」と見なされる行為です。

鼻をかみたくなった日本人はプライベートな場所を見つけるまで、鼻をすんすんとすすることで対処しています。

もし日本の公衆の面前で鼻水が出てきてどうしようもなくなったら、できる限り音を立てないで鼻をかむのがベターです。

また、ハンカチで鼻をかむ行為も同様に日本では受け入れられないので要注意です。

・03:チップを渡すのは無礼

チップの習慣がない日本では、善意からチップを渡しても相手の名誉を傷つけてしまう可能性があります。

もし知らずにチップを日本人スタッフに渡してしまうと、スタッフを混乱させるだけでなく、チップを返すために追いかけてくるでしょう。

もし、「どうしてもチップを渡したい」と思った時は、代わりに小さなプレゼントを贈れば、心置きなく受け取ってもらえるかもしれません。

・04:歩きながら何か食べると「だらしない」

西欧圏では誰かが歩きながら何か食べても誰も気にしませんが、日本ではだらしない行為と見なされます。

また、多くの日本人が電車の中で何かを食べることは不作法と考えています。

ただし、この日本の作法にはいくつかの「例外」があり、なぜか歩きながらアイスクリームを食べるのはOKです。

・05:満員電車に乗客を押し込む職業「プッシャー」

日本のラッシュアワー時の駅には、制服と白い手袋を着用した「プッシャー(押し屋)」と呼ばれる職業に就く人が現れます。

彼らの仕事は文字通り乗客を満員電車に押し込むことで、誰もドアに挟まれていないことを確認することで給料を得ています。

・06:電車で他人の肩を枕にして眠る

日本人の通勤時間と労働時間は恐ろしいほど長時間であるため、非常に大勢の人が電車内で眠りに就きますが、中には男女を問わず隣の人の肩にもたれかかって眠る人がいます。

これは人によって許容差がありますが、肩にもたれられた人はただ我慢する、という習慣によって成り立っているものです。

日本の文化を伝えるJapandra.comを運営するサンドラ・バロンさんは「これは頻繁に起こる出来事です」とCNNに話しています。

・07:トイレにもスリッパがある

室内で靴を脱ぐ習慣がある日本では、家の中、靴を脱ぐレストラン、寺社、博物館などでスリッパが置かれていることがあります。

さらにスリッパを履いて中に入った後には、トイレの中にまで「トイレ専用スリッパ」があるため、「屋内用スリッパ」のままトイレに入らないよう注意が必要です。

・08:誰かの家を訪れる時は贈り物が必要

日本では誰かの家に招待された時に、家主に対して贈り物を持参する風習があります。

もし日本で誰かの家に招待された時は、きちんと包装紙とリボンで包んだ贈り物を持っていくと喜ばれるでしょう。

また、もし贈り物を渡された時は決して断ってはいけません。

ただし、最初に一度だけ異議を唱えるのは習慣化しているので「礼儀正しい」と見なされるでしょう。

・09:自分の飲み物を注いではいけない

世界中の多くの国では、空になった他人のグラスに飲み物を注いでから自分のグラスにも注ぐ、という慣習が存在しますが、日本では「自分で自分のグラスに飲み物を注ぐ」ことは考えるべきではありません。

周りの人のグラスが空いている時に飲み物を注いであげると、うまくいけば別の誰かがあなた空のグラスに気付いてお茶を注いでくれるでしょう。

また、お酒を飲み始める時は誰かが「Kan-Pai!」と言うまで待つ必要があります。

・10:ラーメンやそばをすすっても失礼に当たらない

日本では音を立てて麺類をすする行為は「下品」には当たらず、むしろ「食事を楽しんでいる」ことさえ表せる行為です。

もし音を立てずにラーメンを食べていると「おいしくないと思っているのかも」と誤解されかねません。

また、日本のラーメンは湯気が立つほどの高温で提供されるため、「ラーメンをすすって食べる」のは舌をヤケドしないための工夫でもあります。

ただし、音といっても食事中の「げっぷ」は失礼に当たるので注意するべきです。

棺桶より一回り大きいカプセルホテルは眠る場所

日本には低価格で単に眠るだけの場所を提供する「カプセルホテル」が至るところにあります。

主にビジネスマンや終電を逃した人たちに使用される施設であり、棺桶とさほど変わらないサイズの部屋が積み重ねられています。

65ドル(約7800円)もあれば一晩を過ごせますが、閉所恐怖症の人は行かない方がベターです。

外国人旅行者に対する対応はソフト、ハード両面から

今後ますます増加が予想される外国人旅行者ですが、施設の建設などのハード面の充実はもちろん、社会全体で外国人旅行者を受け入れる日本人の心構えも大切です。